日本共産党 仙台市議団ウェブサイト

日本共産党仙台市議団と各議員の政策・活動を紹介しています。

投票率の向上にむけて

(2019年10月 嵯峨サダ子議員の質疑から 決算審査特別委員会分科会)

1、 選挙費決算額1億8500万円余に関連し、投票環境の向上並びに投票率向上の取り組みについて伺います。まず、決算年度に行ったこと及び取り組みについて伺います。

2、 若年層に対する選挙啓発活動を実施していますが、当事者の感想や意見、実施した成果と課題について伺います。

3、 近年の投票率低下をどのように捉えているか、ご認識を伺います。

4、 投票所設置の基準、考え方について伺います。

5、 8月25日執行の仙台市議会議員選挙投票所一覧をいただきました。それをみると、学校などの公共施設や民間施設に加えて町内会集会所を投票所にしている箇所が13あります。どういう理由で集会所を投票所にしているのか、その理由について伺います。

6、 身近にある町内会集会所は歩いて行けるので、投票環境として特に高齢者のみなさんに役立っているのではないでしょうか。投票しやすい環境をつくることは投票率向上にも役立ちます。有権者の方々から投票所が遠くて不便なので町内会集会所でもできるようにしてもらえないかという要望が寄せられています。具体的には、太白区茂庭字人来田西地区、富田地区、向山1丁目地区です。
人来田西地区は茂庭荘の手前にある団地で生出中学校が投票所ですが、高齢者が歩いて行ける距離ではなく、286号線を走るバスがありますが便数が少なく不便です。富田地区は西多賀小学校の投票所とは相当の距離があり、土日祝日はバスが走っていません。向山1丁目地区は向山保育所の投票所にいくためには長い距離の坂道を上り下りしなければならず直通バスはありません。
いずれも、投票環境の改善が求められる地区です。向山1丁目地区の要望は以前から区民要望でだしており、選管事務局長は「検討していく」旨のご答弁を以前、議会でなさっています。
3つの地区については、集会所で投票できるようにすべきですがいかがでしょうか、伺います。

7、 次は、期日前投票についてです。アエルビルの期日前投票は定着し、多くの有権者が利用しています。開設当初からの比較でどれ位増えているか伺います。

8、 アエルビルのような期日前投票所をショッピングセンターなどでも実施してはどうでしょうか。

9、 県選管が小牛田農林高校で期日前投票を今月の県議選で行うことを決めました。仙台市でも高校や大学で実施すべきだと思います。大学で学生を対象に期日前投票を行っている横浜市、浜松市は2日ないし5日間実施しています。仙台市で実施する際に、不在者投票もできるようにすれば、仙台市に住民票がなくてもできます。市選管が高校や大学の出前授業で模擬投票を行って啓発活動をしているのですから、投票行動につなげるために期日前投票の実施を検討すべきです。いかがでしょうか。

10、 市選管事務局は期日前投票所増設に向けた課題を検討しているようです。試行的にでも実施するお考えはありませんか。伺います。

11、 スエーデンは小学校から主権者教育を徹底し、選挙にいくのは当たり前の国になっています。日本でも主権者教育を小学校の教育課程に組み込んで実施すべきだと思います。最後に、市選管の啓発活動、投票環境の向上、投票率向上、主権者教育の充実に向けてのご決意を選挙管理委員会事務局長に伺って質問を終わります。
Return Top