日本共産党 仙台市議団ウェブサイト

日本共産党仙台市議団と各議員の政策・活動を紹介しています。

暮らし・経済

Category
水道民営化は、問題だらけ
44

水道民営化は、問題だらけ

(2019年第4回定例会 高見のり子議員の代表質疑から) ○高見のり子議員 宮城県は上工下水道一体みやぎ型管理運営方式、いわゆる水道民営化を導入するとしてパブリックコメントを行いました。これまでにない636件の意見が寄せられ、その9割以上が批判的な意見だということです。 一方、仙台市は仙台市水道事業基本計画(中間案)に...
市ガスは市民の財産。民営化は、やめよ
35

市ガスは市民の財産。民営化は、やめよ

(2019年第4回て定例会 高見のり子議員の代表質疑から) ○高見のり子議員 郡市長は今年に入って、突然、市ガス事業の民営化のために公募を再開すると表明しました。そして、先日、ガス事業民営化推進委員会が事業譲渡方式で2022年度に民営化すべきとの答申を提出しました。 市民の財産である仙台市ガス事業は明治42年から創立以...
卸売市場の条例改正は、規制緩和。仲卸業者を守れ
34

卸売市場の条例改正は、規制緩和。仲卸業者を守れ

(2019年第4回定例会 嵯峨サダ子議員の一般質問から)  日本共産党の嵯峨サダ子です。市民に安全で安心な食料を安定的に供給する卸売市場に甚大な影響を与える「仙台市中央卸売市場業務条例改正素案」について一般質問を行います。市の卸売市場業務条例は昭和46年12月22日に制定されました。第1条には、中央卸売市場が適切かつ健...
中小企業活性化基金の活用を
73

中小企業活性化基金の活用を

(2019年10月 庄司あかり議員の質疑から 決算審査特別委員会分科会) 1、 中小企業支援についてうかがう。仙台市には中小企業活性化条例にもとづく中小企業活性化基金がある。決算年度の中小企業活性化基金の活用状況をうかがう。 2、 2015年に30億円積んだが、決算年度末で27億円残っている。こうした基金も活用して中小...
市ガス民営化は、やめて公営の継続を
150

市ガス民営化は、やめて公営の継続を

(2019年10月 嵯峨サダ子議員の質疑より 決算審査特別委員会全体会) 24、第1回定例会代表質疑で市長が突然ガス事業民営化に向け、事業継承者の公募を再開すると発言し驚きました。市長の施政方針にもなかった事業者公募再開はいつ、どういうプロセスがあってどの場で意思決定したのか伺います。 25、ガス局職員の間でも驚いたと...
宮城県の水道民営化に反対せよ
112

宮城県の水道民営化に反対せよ

(2019年9月 ふるくぼ和子議員の代表質疑から) 次に、宮城県が進めようとしている「宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)」についてです。 蛇口からいつでも安全な水が供給されているという公共の水道が、この先どうなるのかという不安の声が仙台市にも寄せられていることから、20日と23日には、仙台市が宮...
米価暴落に手立てを TPPに反対せよ
993

米価暴落に手立てを TPPに反対せよ

(2014年10月議会 決算審査特別委員会 庄司あかり議員の質問) ◯庄司あかり委員 実りの秋の喜びも吹き飛ばす米価の暴落が深刻な事態です。決算年度、米の概算金はひとめぼれで1万1200円でした。それに対してことしの米価は、昨年より3,000円近く下回り、農協の概算金は、ひとめぼれで8,400円となりました。米の生産に...
農業の復興は農家が主体 家族経営にも支援を
976

農業の復興は農家が主体 家族経営にも支援を

(2012年3月議会 決算審査特別委員会 庄司あかり議員の質問) ◯庄司あかり委員 国は、圃場整備に当たりアンケートを実施しています。農家の皆さんが希望している今後の営農形態について、このアンケートの結果をお示しください。 ◯農業振興課長 東北農政局が、津波被災地域に農地を所有する方2,180人を対象に、今後の営農形態...
中小企業支援の予算を抜本的に増やせ
1007

中小企業支援の予算を抜本的に増やせ

(2014年2月議会 ふなやま由美議員の一般質問) ◯ふなやま由美議員 経済の地域内循環を行うためには、市民の購買力や担税力を高めるために、安定した雇用と賃金の保障を行い、地域を支える中小零細企業が元気になることが欠かせません。仙台経済デザインに係る新年度予算百六十四億円余のうち、チャレンジ中小企業には三十四億円を計上...
雇用の7割を占める中小企業 支援の強化を
1028

雇用の7割を占める中小企業 支援の強化を

(2014年3月議会 予算審査特別委員会 庄司あかり議員の質問) ◯庄司あかり委員  仙台市域でも雇用の7割を占めている、中小企業で働く人の所得を引き上げることは、そう単純ではありません。中小企業への支援策の考えを抜本的に転換することが求められます。大企業誘致や観光客がふえれば地域が潤うという外需頼みではなく、域内循環...
Return Top