日本共産党 仙台市議団ウェブサイト

日本共産党仙台市議団と各議員の政策・活動を紹介しています。

議会質問一覧

Category
一般質問 ふるくぼ和子議員(6月20日)

一般質問 ふるくぼ和子議員(6月20日)

【概要】(一問一答方式)市民のくらしに寄り添った収納対策〇小中学校のすべての保護者に就学援助の申請書の配布〇市営住宅家賃の減免勧奨と周知徹底〇水道水の給水停止は命にかかわる問題〇生活相談と生活支援策の全部署での実施と体制づくり 〇ふるくぼ和子議員 日本共産党仙台市議団のふるくぼ和子です。仙台市の収納対策が市民の暮らしに...
一般質問 すげの直子議員(6月17日)

一般質問 すげの直子議員(6月17日)

【概要】(一問一答方式)児童館・児童クラブ事業の充実、発展を求めて〇放課後の生活を保障する児童クラブは、面積基準の考え方を改め、もっと快適に〇子どもの成長を見守り、支える児童館職員の処遇改善を〇エアコン設置、ICT活用など、児童館の施設改善を急いで〇子育て家庭を支援する児童館がさらに役割を発揮できる環境整備を〇児童クラ...
代表質疑 高村直也議員(2022年6月16日)

代表質疑 高村直也議員(2022年6月16日)

【概要】 〇物価高騰から市民のくらし、地域経済を守る政策提案 〇学校給食を無償に、地場産品の活用をさらに 〇3.16地震、被災者支援の拡充、一部損壊への支援を 〇4病院再編の撤回を県に求め、地域医療を守れ 〇県水道民営化のもとでの仙台市水道の使命 〇新たな想定の津波避難エリアでの避難計画づくりを  住民とともに 〇女川...
一般質問 嵯峨サダ子議員(2月18日)

一般質問 嵯峨サダ子議員(2月18日)

【概要】〇本市「災害ケースマネジメント」(被災者の住まい再建支援)   は、全国のモデルとなった。そのことへの評価〇石巻市や鳥取県の取り組み事例と災害ケースマネジメントの有効性〇市は災害ケースマネジメント制度の創設を〇東日本大震災の未修繕住宅への支援策〇茂庭台のマンション1棟の被害判定変更をめぐる問題 〇嵯峨サダ子議員...
一般質問 庄司あかり議員 (2月17日)

一般質問 庄司あかり議員 (2月17日)

【概要】◯コロナ禍でジェンダーギャップが女性の命を脅かす◯本市の管理職は男性81.7%、女性18.3%という実態◯ジェンダー視点でケア労働の処遇を抜本的に改善◯生理用品の学校トイレへの配備について (東京都にみる画期的な教訓)◯ひとり親家庭--養育費不払い問題の解消策。 市の養育費立替え払い制度など ◯庄司あかり議員 ...
代表質疑 すげの直子議員(2月16日)

代表質疑 すげの直子議員(2月16日)

【概要】◯第6波のただ中、感染防止へのあらゆる手立てを(検査体制の拡充、保健所の増設と定数改善、宿泊業者の後押しなど)◯ケア労働従事者の処遇改善へ、国の支援強化と市の独自支援◯子育て支援。臨時特別給付金の対象外子どもへの支援など◯水道料金未納者への給水停止は、機械的であってはならない◯パートナーシップ制度の導入◯4病院...
一般質問 高見のり子議員(12月13日)

一般質問 高見のり子議員(12月13日)

【概要】◯スポーツ推進計画(2022~2032)は、誰もが気軽に楽しめる環境整備   が大切◯公認プールの設置、フットパスの拡大と整備◯新浜、貞山堀の橋の再建・整備◯公園でのボール遊び、スケボー、自転車遊びの解放検討。「パンプトラック(スケボーやBMX・マウンテンバイク、キックボード用トラック)」の設置◯鶴ヶ谷の多目的...
一般質問 高村直也議員(12月10日)

一般質問 高村直也議員(12月10日)

【概要】◯流域治水関連法の施行を受けての水害対策◯旧笊川とその調整池の土砂撤去と草木の伐採◯被害の実態にあった補償を◯本市の温室効果ガス削減目標(2030年度)の引き上げを◯断熱リフォームへの助成拡充で省エネと地域経済回復◯石炭火力発電所の廃止 ◯高村直也議員 日本共産党の高村直也です。気候危機への対策として、水害対策...
代表質疑 庄司あかり議員(12月9日)

代表質疑 庄司あかり議員(12月9日)

【概要】◯3回目ワクチンとインフルエンザワクチンの推進◯県の4病院再編(労災病院、仙台赤十字病院の市外移転)は、本市に多大な影響。撤回以外にない◯心身障害者医療費助成の現物給付を急いで◯米価の価格保証と本市農業の未来◯時短関連事業者支援金の今年度分受付を再開せよ◯インボイス制度の中止を強く求めよ◯「市役所経営プラン」(...
質疑 ふるくぼ和子議員(11月25日)
196

質疑 ふるくぼ和子議員(11月25日)

◯ふるくぼ和子議員 日本共産党仙台市議団のふるくぼ和子です。本臨時会に提案をされている議案のうち、第122号議案 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について質疑いたします。本議案は、地方公務員法の規定に基づき、人事委員会による「職員の給与等に関する報告及び勧告」を受け、期末・勤勉手当を4.45月から4.30月に...
Return Top